S状結腸

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 S状結腸とは、消化管のうちの大腸の一部の名前。大腸の大部分を占めているのは結腸だが、そのうちの最後の部分がS状結腸。下行結腸からつづき、直腸につながる。

言語表記発音、読み方
日本語医学S状結腸エスじょうけっちょう
英語sigmoid colon*スィグモイド・ロン
ラテン語colon sigmoideumコロン・スィグモイデウム
* sigmoid は、S字型の意味。ただし、本来の "sigmoid" は、ギリシャ文字の sigma(シグマ、Σ)に、-oid (~のような)がついたもの。この場合のシグマは語中の Σ(大文字)、σ(小文字)ではなく、語末のシグマ ς のことで、その形は "C" にそっくり。つまり sigmoid は、本来は C字型の意味だった。これが、ローマ字でシグマに当たる "S" にも広がって、S字型をも指すようになった。ちなみに、S状結腸は、C字型、S字型のどちらと考えてもよいような形をしている

 下行結腸は、腹腔の左側の端にくっついて下に向かってすすむが、腸骨の上縁を超えて、骨盤の内側に入るあたり(=骨盤上口?)からS状結腸がはじまる。S状結腸は蛇行しながら正中(中央)に寄ってきて、最終的に仙骨に接するあたりで直腸になる。このときの蛇行の様子が、S字型(C字型)に見える。

 下行結腸は、腹膜に半分だけが覆われている後腹膜器官だが、S状結腸は腹壁から離れて走る腹膜内器官である。

カテゴリー: 消化管 | 消化器系 | 大腸 | 結腸? | 器官

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。