線条体

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 線条体とは、大脳の深部にある神経核神経細胞体の集まり)= 大脳基底核に含まれる神経核のひとつ。おもに運動の無意識的な調節に関わり、いわゆる錐体外路系の中枢である。尾状核被殻という2つの神経核からなり、これらを合わせて呼ぶ時の名前。線状体は間違い。

言語表記発音、読み方
日本語医学線条体せんじょうたい
英語striate bodyストゥイエイト・バディ
striatumストゥライイタム
ラテン語corpus striatumルプス・ストゥリアートゥム

 線条体は、見かけ上は尾状核被殻という2つの神経核に分かれていて、その間は内包によって隔てられている。胎児において、線条体は、はじめは1つの神経核としてできるが、出生前後に大脳皮質と他の部位をつなぐ神経線維投射線維)ができてくるときに、線条体を貫通してのびていくために、2つに分かれてしまう。内包は、線条体を2つに分ける神経線維の束でできている。

  • 被殻淡蒼球と並んでいて、被殻と淡蒼球を合わせて、レンズ核という言い方もする。
  • 無意識の運動をうまく制御できなくなるハンチントン病では、線条体(特に尾状核)の神経細胞が働かなくなっている。
  • 線条体には、大脳皮質中脳黒質から神経線維がのびてきている。線条体からのびる神経線維は、隣にある淡蒼球に届く。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 大脳 | 神経核 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。