骨基質

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 骨基質とは、そのものをつくっている構造で、骨の固さや弾力性をつくっている本体。リン酸カルシウムなどがアパタイトという化合物を作って含まれ、また、コラーゲンが細い線維になったもの(コラーゲン細線維)などのタンパク質も多く含まれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学骨基質こつきしつ
英語bone matrixウン・イトリクス

 基質とは、何かのすき間を埋めている均一な物質の意味。

 骨基質を有機物と無機物とに分けられる。有機物にはコラーゲン(I型コラーゲン)の細線維やその他のタンパク質がある。骨基質をつくる無機物は、骨塩とも呼ばれるが、リン酸カルシウムが主成分。リン酸カルシウム Ca3(PO4)2 は、ふつうはカルシウムイオン Ca2+ が3個とリン酸イオン PO43- が2個の割合でつくられるが、骨や歯ではこれとは違う割合で混合したアパタイト(リン灰石)という化合物をつくっている。アパタイトは、 Ca10(PO4)6(OH)2 の OH (水酸基)のように 別の陰イオン2個が追加された状態で安定化し、ここが OH のものをヒドロキシアパタイト(水酸化リン灰石)という。

 骨は骨組織という組織でつくられている。骨組織は骨細胞、破骨細胞、骨芽細胞などの細胞と骨基質からできている。骨基質は、骨芽細胞、骨細胞が分泌して、その細胞のまわりに蓄積させていった物質。詳細は骨組織に。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 結合組織| 細胞外基質

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。