骨芽細胞

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が、骨組織の項目にあります

 骨芽細胞とは、の表面に並んでいて、骨を新たに作っていく細胞。細胞の周囲に骨の成分(骨基質)を分泌する細胞で、成長中の骨でもっともその活性が高い。骨芽細胞は、骨の成長にともなって、次第に自分が分泌した骨基質に埋まっていき、骨細胞になる。骨細胞は、すでに作られた骨のメンテナンスをする細胞。

言語表記発音、読み方
日本語医学骨芽細胞こつがさいぼう
英語osteoblastステオブラスト

 の表面には骨膜がある。骨膜はコラーゲン線維を主成分としていて、これをつくる線維芽細胞がその中にいる。骨芽細胞がいるのは、骨と骨膜との間のすき間。骨芽細胞が骨基質を分泌すると、骨膜を持ち上げながら骨が成長していく。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 細胞 | 結合組織

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。