骨髄腔

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

髄腔でこの項目を参照しています

 骨髄腔とは、の内部にある空洞()のこと。骨の内部の空洞には、骨髄があるので、「骨髄のある空洞」の意味の用語。

言語表記発音、読み方
日本語医学骨髄腔*こつずいくう
髄腔*,**ずいくう
英語medullary cavityラリィ・キャヴィティ
marrow cavityロウ・キャヴィティ
medullary spaceラリィ・スイス
ラテン語cavitus medullarisカウィトゥス・メドゥラリス
*  の漢字の読み方については、 を参照
** 骨髄腔や歯髄腔の意味で使われる。骨について話題にしていることが明らかなときに使える

 骨髄腔は、完全に骨に囲まれている場所で、骨の外側とはつながっていない場所。ただし、骨の中には血管が通る穴がたくさんあいていて、その血管の一部が骨髄腔に入り込んで、骨髄組織に栄養を送っている。骨髄には、脂肪組織のほか、血球赤血球白血球)の元になる細胞がつまっていて、新しい血球が常に作られ続けている。できた血球は血管から外部へと流れていく。

 脊髄がある場所は、骨髄腔ではない。脊髄のまわりは、椎骨(=背骨)がリング状になって囲んではいるが、この場所はあくまでも骨の外側(→ 脊柱管を参照)。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。