こめかみ

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 こめかみとは、左右のの目尻の外側からの上部にかけての場所で、医学・解剖学の側頭にあたる。こめかみの意味は「米噛み」で、米(ごはん)をかむと動く場所が由来。を噛みしめるとこめかみが動くのは、咀嚼筋の一つである側頭筋が収縮するから。

言語表記発音、読み方
日本語医学側頭そくとう
一般米噛みこめかみ
英語templeンプル
形容temporal *ンポラル
ラテン語単数tempusテンプス
複数temporaテンポラ
* temporal は、「側頭の~」の意味だが、「側頭骨の~」の意味にも使う

 側頭筋は頭蓋骨側頭窩という浅いくぼみから起こる。側頭筋が収縮すると側頭窩をおおっている側頭筋が動くのが見えるし、触っても確認できる。側頭窩は大部分が側頭骨からできているが、前部は蝶形骨、上部は頭頂骨なども一部つくっている広い場所。

 こめかみは、頭部に衝撃が加わったときに脳振盪などの影響を受けやすい場所、いわゆる急所として知られている。

カテゴリー: 体の部位 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。