胃腸内分泌細胞

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が腸クロム親和性細胞基底顆粒細胞にもあります

腸内分泌細胞でこの項目を参照しています

 胃腸内分泌細胞とは、または腸内分泌細胞とは、消化管)の内側に面した上皮で、通常の上皮細胞にポツポツまざっている、ホルモンなどを分泌する細胞。胃腸内分泌細胞から分泌されるホルモンには、多くの種類があるが、それらをまとめて消化管ホルモン(胃腸ホルモン)と呼ぶ。

言語表記発音、読み方
日本語医学胃腸内分泌細胞いちょうないぶんぴさいぼう
腸内分泌細胞ちょうないぶんぴさいぼう
英語gastrointestnal endocrine cellガストゥロ-インスティナル・ンドクライン・セル
enteroendocrine cellンテロ-ンドクライン・
ラテン語endocrinocytus gastrointestinalisエンドクリノキトゥス・ガストゥロインテスティナリス

 消化液粘液などは、消化管粘膜上皮細胞からの内側(内腔;食べ物が通るところ)に向かって分泌されるが、一方、胃腸内分泌細胞から分泌されるホルモンなどはそれとは反対側、つまり毛細血管などがある結合組織粘膜固有層)の側に分泌され、毛細血管に入って全身に送られる。つまり、「胃腸内(に向かって)分泌(する)細胞」ではなく、「胃腸(にある)内分泌(をおこなう)細胞」の意味。胃腸内分泌細胞はかたまりを作らず、細胞1コ単位でばらばらに存在している。

腸内分泌細胞の例

 胃腸内分泌細胞には、分泌するホルモンが異なる多くの種類があり、それぞれ消化管のどのあたりにあるかも違っている。胃腸内分泌細胞は、たいていはアルファベットのなまえがつけられている。

  • G細胞 - ガストリンを分泌する細胞、幽門部十二指腸にかけて分布
  • S細胞 - セクレチンを分泌する細胞、十二指腸から空腸にかけて分布
  • I細胞 - コレシストキニン(CCK)を分泌する細胞、十二指腸から空腸にかけて分布
  • K細胞 - GIP(グルコース依存性インスリン放出ペプチド、または胃抑制性ペプチド)を分泌する細胞、空腸に分布
  • D細胞 - ソマトスタチンを分泌する細胞、胃と小腸膵臓ランゲルハンス島に分布

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 内分泌系 | 細胞 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。