ハムストリングス

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

大腿部膝屈筋膝屈曲筋ハムストリング筋ひかがみ筋でこの項目を参照しています

 ハムストリングスとは、またはハムストリング筋とは、大腿の後ろ側にあるいくつかのをまとめて呼ぶ名前。大腿後面の筋のうち、その筋の下側の腱が膝の裏(膝窩)の横を通り(=膝窩腱)、すねの骨(脛骨腓骨)についているもの。医学・解剖学用語というよりも、トレーニングなどの分野で使われるようになった言葉。を曲げるのに働くため、医学・解剖学では、大腿部膝屈筋膝屈曲筋 などの呼び名を使うこともある。

言語表記発音、読み方
日本語医学大腿部膝屈筋だいたいぶ - しつくっきん
膝屈曲筋しつくっきょくきん
一般ハムストリング(ス)
ハムストリング筋ハムストリングきん
膕筋ひかがみきん
英語hamstring(s) *ムストリング(ス)
hamstring musclesムストリング・ッスルズ
* 英語の hamstring は、大腿後面の筋の意味で使う時と、膝窩腱の意味で使う時がある。これを区別するために、筋を指すときは hamstring muscles にすると間違いがない

 もともと、英語の hamstring (ハムストリング)とは膝の裏(膝窩)の横を通る(=膝窩腱)のこと。これらの腱につながる大腿後面の筋を hamstring muscles (ハムストリング筋)と呼んでいたが、現在は意味が変わってしまい、hamstrings だけでもこれらの筋そのものを指すようになった。英語の hamstring は今でもどちらの意味で使うこともある。一方、英語とは違って、日本語でハムストリング(または複数形にしてハムストリングス)と言ったときに、膝の裏の腱を指すことはまずないので、ハムストリングの後の「筋」はつけてもつけなくても意味は変わらない。

ハムストリングに含まれる筋

 ハムストリングスには、ふつう膝の裏を通る腱(膝窩腱)をつくるが含まれるが、どの筋を指すのかには何通りか考え方があるらしい。

  • かならず含まれるのは、半腱様筋半膜様筋大腿二頭筋長頭の3つ。

 これらは坐骨結節からおきて脛骨腓骨に付くので、股関節と膝関節の2つを越える二関節筋で、どれも脛骨神経の支配を受けるのが共通点。これに、

  • 大腿二頭筋の短頭(大腿骨から起こり腓骨に付く、総腓骨神経支配)を加えることが多い
  • 薄筋縫工筋など、内側の膝窩腱をつくるも含まれることがある
  • 大内転筋を加える場合もあるらしい。大内転筋は膝の裏を通る腱をつくらないが、半腱様筋半膜様筋大腿二頭筋長頭と同じく脛骨神経の支配を受ける
 英語の ham の昔の意味は、動物のあしの途中の曲がったところ、つまり膝やかかとのことだった。その場所にある string (ひも、楽器の弦、弓のつる、腱の昔の言い方)には膝窩の腱やアキレス腱などがある。これらがもともとの hamstring。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | | 下肢 | 大腿

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。