大腿部膝屈筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細はハムストリングスの項目にあります

 大腿部膝屈筋とは、大腿の後ろ側にあるいくつかのをまとめて呼ぶ名前。大腿後面の筋のうち、その筋の下側のが膝の裏(膝窩)の横を通り(=膝窩腱)、すねの骨(脛骨腓骨)についている、を曲げるのにはたらく筋の総称。ハムストリングスハムストリング筋という呼び方がよく使われる。

言語表記発音、読み方
日本語医学大腿部膝屈筋だいたいぶ - しつくっきん
膝屈曲筋しつくっきょくきん
一般ハムストリング(ス)
ハムストリング筋ハムストリングきん
膕筋ひかがみきん
英語hamstring(s) *ムストリング(ス)
hamstring musclesムストリング・ッスルズ
* 英語の hamstring は、大腿後面の筋の意味で使う時と、膝窩腱の意味で使う時がある。これを区別するために、筋を指すときは hamstring muscles にすると間違いがない

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | | 下肢 | 大腿

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。