下丘

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 下丘とは、の部位名のひとつで、脳幹中脳背側中脳蓋)にある。中脳を後ろからみると4つのこぶが盛り上がっているように見え、これを四丘体または四丘板というが、4つのこぶのうち、上の2つを上丘、下の2つを下丘という。下丘の内部には、下丘核という神経核があり、この神経核は、聴覚感覚情報が大脳皮質に送られる途中で中継される神経核である。

言語表記発音、読み方
日本語医学下丘かきゅう
英語inferior colliculus *インフェリアー・コキュラス
ラテン語colliculus inferior *コリクルス・インフェリオール
* colliculus は、collis(丘)に、小さいことをあらわす -lus がついたもので、「小丘」の意味

 上丘や下丘は、中脳の外に面して盛り上がったこぶだが、中脳全体が大脳小脳の大きなふくらみの間に隠れているので、全体を外からみたときには見えない場所にある。

 中脳とは、の部位のひとつで、間脳にはさまれているごく小さな部分。橋や延髄とあわせて脳幹と呼ばれる。中脳の内部には、脳室である中脳水道が中を通っている。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 脳幹 | 頭頚部 | 中脳

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。