下肋部

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

季肋部でこの項目を参照しています

 下肋部とは、体の場所の名前のひとつで、腹部を9つに分けたときの上部の左右の場所を示す。ただし、腹部と胸部の境界として、肋骨のある部分を腹部に含めるかどうかで、下肋部が指す場所も変わる。解剖学では肋骨に覆われている部分も腹部に含むが、一般的には含まないこともある。

言語表記発音、読み方
日本語医学下肋部かろくぶ
季肋部 *きろくぶ
英語hypochondriac region **ハイポンドゥリアック・ージョン
英語・ラテン語hypochondrium **(英語読み)ハイポンドゥリアム
(ラテン語読み)ヒポコンドリウム
ラテン語regio hypochondriaca **レギオ・ヒポコンドリアカ
* 「季」は、下、末などの意味がある
** hypo- は ~の下、chondrium は軟骨の意味で、この場合は肋軟骨を指す

 解剖学では胸部腹部の境界は横隔膜の高さなので、腹部の上の方は肋骨に覆われている部分も含まれる。下肋部のうち広い部分は肋骨に覆われている。下肋部の下端付近は肋骨縁の下。

図:解剖学的な下肋部の位置と腹部の区分 *1
腹部は9つのブロック(図の点線)に区分けされていて、下肋部はその上部の左右にある
解剖学的な下肋部の位置と腹部の区分

 解剖学ではおなかの部位を縦3×横3の9つのブロックに分けている。下肋部(季肋部)はそのうちの上部の両側のブロックである。左右の下肋部の間は上腹部(心窩部)で、下肋部の下には側腹部、その間には臍部がある。下肋部の上の境界線は腹部と胸部の境界でもあり、体内で横隔膜のある高さ。体表では胸骨の下端から水平に引いた線となる。下にある側副部との境界線は左右の肋骨の下端をまっすぐ結んだ線。

 下肋部には肋骨のつくる肋骨縁が斜めに走るので、肋骨に覆われている部分と覆われていない部分に分かれる。解剖学ではなく一般的な区分では、肋骨に覆われているかどうかで胸部腹部を分ける場合があり、このとき、下肋部は狭い(下図)。

図:解剖学ではなく、一般的な「下肋部」の位置 *2
腹部に肋骨で覆われている部分を含まない場合、下肋部は肋骨縁の下の狭い部分だけになる
一般的な「下肋部」の位置

カテゴリー: 体の部位 | 腹部


*1 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*2 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。