上腹部

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

  上腹部とは、腹部の上の方を示す言葉で、解剖学的にはみぞおちと同じ場所を指し、一般にはその左右の領域も含めて指すことがある。

目次
 

解剖学的な「上腹部」

鳩尾(みぞおち)上胃部心窩部でこの項目を参照しています

 上腹部とは、または、心窩部とは、体の場所の名前のひとつで、腹部に含まれる部位名。一般にはみぞおちと呼ばれている場所。腹部の上部のうち、中央付近の肋骨に囲まれていないところを指す。上腹部の皮膚の下にある腹壁をつくる筋)は腹直筋

言語表記発音、読み方
日本語医学上腹部 *じょうふくぶ
上胃部 *じょういぶ
心窩部 **しんかぶ
一般鳩尾みぞおち、みずおち
英語epigastric region *エピストゥリック・ージョン
英語・ラテン語epigastrium *(英語読み)エピストゥリアム
(ラテン語読み)エピガストゥリウム
ラテン語regio epigastrica *レギオ・エピガストゥリカ
*epigastric, epigastium の gaster はギリシャ語の「腹」または「胃」の意味で、epi- はそのすぐ上にあることを表す。その訳語として上腹部、上胃部があるが、上腹部のほうがよく使われる
**心窩(心臓の位置のくぼみ)に対応する英語・ラテン語の呼び方はないが、くぼんでいることを示す言い方には、pit of the stomach, epigastric fossaなどもある
図:上腹部の位置と腹部の区分 *1
腹部は9つのブロック(図の点線)に区分けされていて、上腹部はその上部中央にある
上腹部の位置と腹部の区分

 解剖学ではおなかの部位を縦3×横3の9つのブロックに分けている。上腹部(心窩部)はそのうちの上部の中央にある1ブロックである。上腹部の左右は下肋部(季肋部)で、上腹部の下には臍部、その左右には側副部がある。上腹部の上の境界線は腹部と胸部の境界でもあり、体内で横隔膜のある高さ。体表では胸骨の下端から水平に引いた線となる。下にある臍部との境界線は左右の肋骨の下端をまっすぐ結んだ線。

 上腹部とその両側の下肋部との境界は、肋骨の下縁がななめに走っている線で、下部では腹直筋の左右の境界のあたり(定義としては、左右それぞれの鎖骨の中央部からまっすぐ下におろした線とか、左右それぞれの鼠径靭帯の中央部から上に伸ばした線など)。つまり、上腹部は肋骨で覆われている部分を含まない。一方、下肋部は下部のわずかな部分以外の大部分が肋骨で覆われている。

一般的な「上腹部」

 解剖学的な区分とは別に、腹部を上中下3つに分けたときの上3分の1を上腹部ということがある。解剖学とは違って、一般的には肋骨のあるところは腹部に含めないので、解剖学的な上腹部に、下肋部の下の一部を加えた場所となる。

言語表記発音、読み方
日本語一般上腹部じょうふくぶ
英語upper abdomenッパー・ブドメン
図:解剖学ではなく、一般的な「上腹部」の位置のめやす *2
一般的な上腹部は腹部を上中下3つに分けたときの上3分の1なので、解剖学的な上腹部に下肋部の下部を加えた場所になる
一般的な「上腹部」の位置のめやす

カテゴリー: 体の部位 | 腹部


*1 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*2 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。