動脈管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

ボタロー管でこの項目を参照しています

 動脈管とは、または、ボタロー管とは、通常は、生まれる前の胎児にだけある血管動脈)のひとつ。心臓の近くで、肺動脈大動脈をつなぐ短い血管で、血液は肺動脈から大動脈に向かって流れる。生まれたあとは動脈管には血液が通らなくなり、やがて内腔がなくなり、動脈管索、別名ボタロー靭帯と呼ばれる、短いヒモ状の結合組織になる。

言語表記発音、読み方
日本語医学動脈管どうみゃくかん
ボタロー管、ボタロ管 *ボタローかん、ボタロかん
英語arterial ductアーティリアル・クト
Botallo duct *ターロー・クト
ラテン語ductus arteriosusドゥクトゥス・アルテリオスス
*ボタロー または ボタロは、16世紀のイタリア人医師 Leonardo Botallo レオナルド・ボタロのこと。パリに在住。 

 生まれる前の胎児にしかない血管がいくつかあるが、動脈管はそのうちのひとつ。右心室を出た肺動脈幹が左右の肺動脈に分かれるT字路の、突き当たりを直進するのが動脈管で、その先にある大動脈弓に合流して終わる。

 生後であれば、全身から大静脈を通って戻ってきた血液は、すべて肺動脈からに送られる。しかし、生まれる前は、呼吸をしていないため、肺に空気が入っておらず縮んでいるので、胎児の肺にはそんなに大量の血液は流れられないし、また、血液が肺を通っても酸素が補給されないので送る意味もない。そこで、肺に向かう肺動脈の途中に、肺を通らずに直接大動脈につながる動脈管があり、短絡路(ショートカット、近道)として働いている。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 血管 | 胸部 | 発生

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。