屈筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 屈筋とは、の働きによる筋の分類のひとつで、関節屈曲させて、関節の両側のがつくる角度を小さくする作用をもつ筋のこと。「○△屈筋」のような名前になっている場合もあるが、必ずしもそうでもない。反対の作用を持つ筋(拮抗筋)は伸筋

言語表記発音、読み方
日本語医学屈筋くっきん
英語flexor (muscle)クサー(・ッスル)

 屈筋は、おもに体肢(手足)にある。厳密にいうと、関節の動きについてみたとき、屈曲の動きが定義されている関節で存在する。ひとつの筋が屈曲以外の働きをもつこともある。

屈筋の例

大腰筋
腸骨筋とともに、股関節屈曲させ、大腿を前方に上げる
腓腹筋
ヒラメ筋とともに、底屈(=屈曲)させる筋。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。