実質

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 実質とは、内臓などの器官をつくっている構造のうち、その器官に特有の機能をはたしている主要な部分のこと。たとえば、腎臓なら腎小体尿細管集合管などをまとめて腎実質と呼び、肝臓なら肝細胞が並んで作る肝細胞索の部分を肝実質という。

言語表記発音、読み方
日本語医学実質じっしつ
英語parenchymaンキマ

 実質のすき間などを埋めている、その器官の機能には直接関与しない部分を支質間質)と呼ぶ。支質は、ふつう結合組織でできていて、構造を保つのにはたらく線維や、血管神経が通ったりする。

 実質や支質の区別は、内部が空洞になっていない器官についての用語。内部が空洞になっていない器官(内部が実質や支質が集まってできている器官)を実質器官(実質臓器)という。内部に大きな空洞がある器官を中空器官(管腔臓器)という。

カテゴリー: 性質 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。