小腸間膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する情報が腸間膜の項目にあります

 小腸間膜とは、小腸後腹壁(内臓のある腹腔の背中側の壁)につなぎとめている膜のこと。血管神経などが、この膜の中を通って小腸に出入りする。内臓脂肪が蓄積される場所でもある。小腸全体にあるわけではなく、小腸と後腹壁がくっついている十二指腸にはなく、空腸回腸にある。

言語表記発音、読み方
日本語医学小腸間膜*しょうちょうかんまく
一般腸間膜ちょうかんまく
英語mesentery of small intestineッセンテリー・オブ・スモール・インテスティン
ラテン語mesenterium dorsale communeメセンテリウム・ドルサーレ・コミュネ

 一般には、小腸間膜のことを、単に腸間膜ということがある。ただし、解剖学では、腸間膜という言葉は、もっと広い意味で、小腸間膜以外に胃間膜結腸間膜など、腹部の消化管に付いている膜をまとめて呼ぶのに使うことが多い。

 空腸回腸は後腹壁から離れていて、腹腔内にうねうねと蛇行しておさまっている。腸間膜があるのは空腸と回腸の部分である。腸間膜の表面は両面が腹膜におおわれている。後腹壁から腹膜が伸びて小腸を包み、再び後腹膜に戻るとき、小腸と後腹壁のあいだの2層の腹膜がくっついたもの、ともいえる。

 空腸と回腸をあわせるとその全長は数mになる。腸間膜はこの部分全体にあるので、小腸側では数mあるが、小腸から離れて後腹壁につながる部分では、扇子のカナメ(弧の中心)のように集まり、長さ15cmほどの部分で後腹壁とつながる。この場所を腸間膜根と呼ぶ。上端が十二指腸と空腸の境界部のあたりにある。

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 腹部 | 小腸

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。