細網線維

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

レティキュリン線維レチクリン線維でこの項目を参照しています

 細網線維とは、様々な器官組織内にある線維のひとつ。細くて枝分かれが多く、細かい網の目のように張り巡らされて、格子状の枠組みをつくる。リンパ節脾臓など、リンパ系の器官で特によく発達する。

言語表記発音、読み方
日本語医学細網線維、細網繊維*さいもうせんい
レティキュリン線維、レティキュリン繊維*レティキュリンせんい
レチクリン線維、レチクリン繊維*レチクリンせんい
英語reticular fiberティキュラー・ファイバー
reticulin fiberティキュリン・ファイバー
* 線維繊維はどちらをつかってもよい。異体字の項目を参照

 細網線維のことをレティキュリン(レチクリン)線維と呼ぶこともある。かつて、細網線維を構成する成分として、レティキュリン(レチクリン)という分子が想定され名付けられた。後にレティキュリンは、III型コラーゲンであることが分かった。

 細網線維は細網細胞によって分泌されて形成される。細網細胞は特殊な線維芽細胞と考えられている。細網線維が発達する組織細網組織と呼ぶ。細網組織では細網細胞が細網線維のネットワーク(ジャングルジムのような)を作り、その場所が細網細胞の他、他の細胞、たとえばリンパ球マクロファージなどがいる足場となる。

カテゴリー: 結合組織 | 線維 | 細胞外基質 | 電子顕微鏡レベル

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。