皮質脊髄路

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が錐体路の項目にあります

 皮質脊髄路とは、中枢神経系脊髄)にある神経伝導路のひとつで、の運動(とくに意識して行う運動)の情報を、大脳皮質運動中枢から脊髄前角運動ニューロンまで伝える。

言語表記発音、読み方
日本語医学皮質脊髄路ひしつせきずいろ
英語corticospinal tract *コルティコ-スパイナル・トラクト
ラテン語tractus corticospinalis *トゥラクトゥス・コルティコ-スピナリス
* cortico- は、cortical つまり(大脳)皮質のことで、spinal はspinal cord つまり脊髄のこと

 大脳皮質から脊髄までの間に体の左右の神経線維反対側に入れ替わる。全体の70〜80%の線維は延髄下部にある錐体交叉で入れ代わるが、残りは脊髄で入れ代わる。

 狭い意味で錐体路といえば、皮質脊髄路のこと。広い意味の錐体路には皮質核路も含まれる。皮質脊髄路は脊髄にある運動ニューロンに連絡するが、皮質核路は、脳幹にある運動ニューロンに連絡する。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 神経伝導路 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。