運動ニューロン

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が運動性神経細胞の項目にあります

 運動ニューロンとは、体の運動を起こす、つまり骨格筋)を収縮させる刺激を伝える神経細胞ニューロン)のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学運動ニューロンうんどうニューロン
英語motor neuronーター・ニューロン
motoneuronモトニューロン

 狭い意味では、骨格筋まで直接軸索を伸ばすニューロンのことで、これは脊髄前角や運動性の脳神経核神経細胞体がある。脊髄の前角からの軸索は脊髄神経前根を通り、頭部以外の筋を支配する。運動性の脳神経核の細胞体からの軸索は運動性の脳神経を通って、主に頭頚部の骨格筋を支配する。

 広い意味では、脊髄前角脳神経核神経細胞に情報を伝える神経細胞もそう呼ぶ。広い意味の場合、骨格筋に直接つながる神経細胞を下位運動ニューロン、下位運動ニューロンに刺激を伝える神経細胞を上位運動ニューロンという。上位運動ニューロンは、大脳新皮質運動中枢や、脳幹赤核網様体前庭神経核視蓋などにある。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 細胞

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。