眼動脈

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 眼動脈とは、内頚動脈から分かれる枝で、に行く動脈。左右1対ある。

言語表記発音、読み方
日本語医学眼動脈がんどうみゃく
英語ophthalmic arteryオフルミック・ーテリー
ラテン語arteria ophthalmicaアルテリア・オプフタルミカ

経路と枝分かれ

心臓からの道すじ

大動脈弓(左)、腕頭動脈(右)
 ↓
総頚動脈頭頚部へ向かう
 │
 ├→ 外頚動脈以外の頭部
 ↓
内頚動脈:脳と眼へ
 │
 ├→ 眼動脈:眼へ
 ↓
ウィリスの動脈輪:脳へ

通過経路

 左右の総頚動脈は第4頚椎の高さで、内頚動脈外頚動脈に分かれる。内頚動脈はそこから先は枝分かれなしでの底面まで進む。頚動脈管から頭蓋腔に入って、間脳の底面に接するところで、ウィリスの動脈輪(大脳動脈輪)をつくる。ウィリスの動脈輪は左右の視神経を囲むような場所にある。

 眼動脈は、内頚動脈が頚動脈管を通った後、ウィリスの動脈輪をつくる前に分かれる枝である。その後、視神経と並んで前方に進み、視神経といっしょに視神経管を通って眼窩に入る。

眼動脈の下流の血管の分布

 眼球内、眼窩に血液を供給する枝に別れる。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 血管 | 動脈 | 感覚器 | | 視覚路 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。