下垂体

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

脳下垂体でこの項目を参照しています

 下垂体とは、または脳下垂体とは、頭部にある器官で、内分泌系に含まれ、多くのホルモンを分泌する。下垂体から分泌されるホルモンには、成長ホルモン抗利尿ホルモンなど体の機能に関連するいくつかの重要なホルモンのほか、他の内分泌系の器官に作用して、その働きを調節する(=そこから分泌されるホルモン分泌を増やしたり減らしたりする)「調節ホルモン」が何種類か分泌される。視床下部からの支配を受ける。

言語表記発音、読み方
日本語医学下垂体かすいたい
脳下垂体のうかすいたい
英語pituitary gland*テュイタリ・グンド
英語・ラテン語hypophysis**(英語)ハイフィスィス
(ラテン語)ヒュポプフィシス
ラテン語hypophysis cerebrii**ヒュポプフィスィス・セレブリイ
* pituita とは鼻汁の意味
** hypophysis (cerebrii) は、(脳の)下で成長したもの、の意味。下垂体、脳下垂体の語源

下垂体の位置

 下垂体は、とともに頭蓋内にあり、脳にくっついている。場所は、第3脳室間脳の下側である。間脳の下部にある視床下部のすぐ下。

 下垂体は、蝶形骨にある下垂体窩トルコ鞍)というくぼみにはまりこんでいる。

下垂体の構造

 下垂体は、いくつかの部分に分かれていて、ぞれぞれの場所で別のホルモンを分泌する。いずれも蛋白質ホルモンである。

  • 腺性下垂体 … 下垂体の前部にある。腺性下垂体は、胎児のときに、口蓋上皮が落ちこんで、そこから分かれた細胞のかたまり。脳と直接はつながっていない。
    • 下垂体前葉 … 腺性下垂体の大部分を占める。成長ホルモンプロラクチン副腎皮質刺激ホルモン甲状腺刺激ホルモン性腺刺激ホルモン卵胞刺激ホルモン黄体形成ホルモン)などのホルモンを分泌する。
    • 下垂体中間部 … 前葉と後葉の間にはさまれた部分で、ヒトでは非常に薄っぺらい部分なので、「中間部」と呼ばれるが、他の動物ではかなり大きく発達しているので、中葉と呼ばれる。メラニン細胞刺激ホルモンなどのホルモンを分泌する。
  • 神経性下垂体(下垂体神経葉、または後葉) … 下垂体の後部にある。視床下部とつながっている。視床下部の下部がだんだんと細くなって細い茎のようになり、その先が膨らんだ部分が神経性下垂体であるといえる。そこを通して視床下部から大量の神経線維が入り込んでいる。抗利尿ホルモンバソプレシン)とオキシトシンを分泌する。

カテゴリー: 内分泌系 | 器官 | 下垂体 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。