結膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 結膜とは、目(眼球)の白目とまぶた(眼瞼)の裏の表面の層のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学結膜けつまく
英語・ラテン語conjunctiva(英語読み) コンジャンクティヴァ
(ラテン語読み) コンユンクティウァ
ラテン語tunica conjunctivaトゥニカ・コンユンクティウァ

 眼球の白目の部分とまぶた(眼瞼)の裏とは、目の奥のほうで折り返されてつながっていて、一続きの膜をつくっている。眼球の側(白目)の結膜のことを眼球結膜、まぶたの裏側の結膜を眼瞼結膜と呼ぶ。眼瞼結膜と眼球結膜とがつながっているところは、まぶたをめくったときに見える部分の一番奥で、ここを結膜円蓋という。

 結膜は粘膜になっていて、表面がいつもぬれている。結膜をぬらす液体は、結膜の表面の上皮にある杯細胞から分泌される粘液の他、涙腺副涙腺などからのや、眼瞼結膜に隣接する瞼板脂腺瞼板腺またはマイボーム腺)からの分泌物などがある。

カテゴリー: 感覚器 | | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。