脂腺

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

皮脂腺でこの項目を参照しています

 脂腺とは、または皮脂腺とは、皮膚などにあって皮脂分泌する外分泌腺。皮脂は脂質などの成分をたくさん含んでおり、皮膚を乾燥や感染から守る。

言語表記発音、読み方
日本語医学脂腺しせん
皮脂腺ひしせん
英語sebaceous glandスィベイシャス・グンド
ラテン語glandula sebaceaeグランドゥラ・セバケアエ

 最もたくさんある脂腺は、毛根を囲む毛包の近くにあるタイプ、脂腺の導管が毛包につながっていて、脂腺から分泌された皮脂は毛包内へ、さらに毛穴から分泌されることになる。毛包腺ともいう。毛包腺は場所により多い少ないはあるものの、の生えている皮膚、毛穴のある皮膚ならどこにでもある。

 これに対し、毛包に付属しない脂腺は、独立脂腺と呼ばれ、こちらは体の決まった場所に多い。いずれも毛のない場所で、まぶた(眼瞼)の合わさるあたりに分泌する瞼板腺(マイボーム腺)、小陰唇独立脂腺などはその例。

 脂腺の構造は、表皮重層扁平上皮に由来する細胞が、真皮内にしずく型の、または房状の塊をつくる。この中には分泌細胞がつまっている。細胞内には脂肪滴を蓄積する。

カテゴリー: 外皮系 | 皮膚 | | 外分泌腺

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。