後頭骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 後頭骨とは、頭蓋骨のひとつで、頭蓋の中で、後方に盛り上がっているあたりより下の部分をつくっている。下部では脊髄が通る穴が開いていて、また、背骨頚椎)との間の関節があるのも後頭骨である。後頭骨は中央に1コある。

言語表記発音、読み方
日本語医学後頭骨こうとうこつ
英語occipital boneオクスィピタル・ウン
ラテン語os occipitalisオス・オキピタリス

 頭部のうち、後頭骨のある位置に対応する皮膚の場所のことを後頭部?という。

図:後頭骨(黄色)*1
 頭部の左側から頭蓋(頭蓋骨)をみたところ。黄色をつけてある後頭骨に図中で接している骨は、左から順に蝶形骨?頭頂骨側頭骨?
後頭骨

 後頭骨は上部では左右の頭頂骨に接し、下部では左右の側頭骨?に挟まれるように接している。これらは脳を囲む頭蓋冠をつくっている。後頭骨は前方で蝶形骨?にも接する。これらの骨の間の結合は、縫合?と呼ばれる動かない関節不動結合?)。後頭骨と頭頂骨との間の結合をラムダ縫合?と呼ばれる。

 後頭骨はまた、椎骨との間で関節を作っていて、頭部を支える骨でもある。頭蓋の下面の中央部は後頭骨でできていて、ここに脊髄が通る穴(大後頭孔?または大孔)があり、その左右には、第1頚椎(環椎?)との間で関節をつくる後頭顆?がある。

 後頭骨の頭蓋内面は大きなくぼみになっていて(後頭蓋窩?)、ここには主に小脳がはまり込んでいる。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 頭蓋 | 頭頚部


*1 Source: an illustration by Alan Hoffring provided by National Cancer Institute, USA, reproduced and modified.
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。