耳下腺

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 耳下腺とは、唾液分泌する唾液腺のひとつで、の下あたりにある。顎下腺舌下腺と合わせて、三大唾液腺と呼ばれ、そのなかで一番大きい。おたふくかぜ(ウイルス性耳下腺炎)のときに炎症がおきて腫れるところ。

言語表記発音、読み方
日本語医学耳下腺じかせん
英語parotid glandティッド・グンド
ラテン語glandula parotisグランドゥラ・パロティス
glandula parotideaグランドゥラ・パロティデア

 耳下腺があるのは、外耳道(耳の穴)の前下方で、咀嚼筋である咬筋のあるあたり。咬筋よりも表層にある。大きさは上下に数cm。耳下腺の導管耳下腺管)はそこから前方にのびて、唾液を分泌する場所は、口腔前庭(口のなかのよりも外側、くちびる側の部分)、上の奥歯(第2大臼歯)の近くである。

 耳下腺から分泌される唾液は、3つの大唾液腺でもっともドロドロしない唾液で、アミラーゼなどの消化酵素を含む。分泌の刺激を伝える神経は、三大唾液腺のうち、耳下腺だけが舌咽神経(第9脳神経)で、他の二つは顔面神経(第7脳神経)。

カテゴリー: 消化器系 | 消化腺 | 分泌 | 外分泌腺 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。