肘関節

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 肘関節とは、にある関節で、の曲げ伸ばし(屈曲伸展)を行うときにはたらく関節。上腕前腕との間にあり、上腕骨と、前腕の骨である尺骨橈骨が作っていて、とくに上腕骨と尺骨の役割が大きい。肘関節を曲げたときにとびだす側を肘(とくに肘頭)と呼び、屈曲した際の内側を肘窩という。

言語表記発音、読み方
日本語医学肘関節ちゅうかんせつ、ひじかんせつ
英語elbow jointルボウ・ジョイント
cubital jointキュービタル・ジョイント
ラテン語articulatio cubitiアルティクラティオ・クビティ

 肘関節では、上腕骨尺骨橈骨の3本のが同じひとつの関節包に包まれているが、その内部には3つの関節がある。腕尺関節腕橈関節上橈尺関節である。これらをまとめて肘関節という。肘関節は、肘関節の外側と内側から、外側側副靭帯内側側副靭帯に支えられる。

腕尺関節
前腕屈曲伸展の運動を支える、もっとも重要な関節で、上腕骨尺骨がつくる。上腕骨の下端の上腕骨滑車(円柱状になっている)を、尺骨の滑車切痕(深くくぼんでいる)が囲んでいる。上腕骨滑車と滑車切痕との形から、一方向の曲げ伸ばしの運動しかできない。その構造は、蝶番関節に分類される。
腕橈関節
上腕骨橈骨がつくる関節。肘関節の運動にはあまり大きく影響しない。橈骨の上端にある橈骨頭の上面の平らな部分と、上腕骨小頭がつくる。腕橈関節だけでは、球関節のように自由に運動できるが、隣にならんでいる腕尺関節の制約によって、あわせて蝶番関節としてはたらく。
上橈尺関節
肘関節の関節包に包まれている関節だが、の曲げ伸ばしには関与しない。橈骨尺骨との間にある2つの関節のうちのひとつで(もうひとつは、手首にある下橈尺関節)、どちらも橈骨と尺骨との間の回転を行う車軸関節。これらは、前腕をひねる運動(回外回内)のときにはたらく。

カテゴリー: 上肢 | 上腕 | 前腕 | 運動器系 | 骨格系 | 関節

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。