上腕骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 上腕骨とは、上腕二の腕)の中にあり、からまで一本通っている長くて太い。典型的な長骨長管骨)である。肩では肩甲骨肩関節肩甲上腕関節)をつくり、肘では尺骨および橈骨肘関節をつくる。

言語表記発音、読み方
日本語医学上腕骨じょうわんこつ
英語・ラテン語humerus(英語読み)ヒューメラス
(ラテン語読み) フメルス

 上腕骨は、上下両端と体が区別される。上端は大きく、上内側部には半球状の上腕骨頭がある。これは、肩甲骨の関節窩と関節を形成する(肩関節肩甲上腕関節)。

 上腕骨頭のすぐ外側には大結節という大きな隆起がある。この大結節には棘上筋棘下筋などが付着する。また、大結節の下方には大結節稜といわれる表面が粗な骨稜が見られ、この部位には、大胸筋などが付着する。大結節は、肩関節外旋位にしたとき、すぐ外側より簡単に触診できる。

 大結節の内側前方には小結節がある。この小結節には、肩甲下筋が付着する。ここからも大結節と同様に小結節稜といわれる骨稜が下方に伸びていおり、この部位には大円筋小円筋が付着する。また大結節と小結節および大結節稜と小結節稜の間には、結節間溝とよばれる溝ができ、ここを上腕ニ頭筋長頭のが走行する。そのため、結節間溝は、上腕ニ頭筋腱溝とも言われる。

 下端には、内側上顆外側上顆という突出がある。内側上顆と外側上顆との間は上腕骨顆と呼ばれ、関節面をもつ。この上腕骨顆は前腕の橈骨または尺骨と関節を形成する(肘関節)。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 上腕 | 上肢

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。