脊髄神経節

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

脊髄後根神経節でこの項目を参照しています

  脊髄神経節とは、または、脊髄後根神経節とは、脊髄神経後根の途中にある膨らんだ部分のこと。後根神経節だけでも通じる。脊髄神経が脊髄とつながる箇所では、それぞれの脊髄神経は前根と後根に分かれるが、そのうちの後根だけにある。神経節とは、神経の途中が膨らんだ部分のことで、ここには神経細胞(ニューロン)の細胞体が集まっている。脊髄神経後根は、(頭部以外の)体の感覚の情報が通る経路で、脊髄に(さらにはその先でに)頭部以外の感覚を伝える。脊髄神経節には、その情報を伝える感覚性の神経細胞(=一次感覚ニューロン)の細胞体がある。

言語表記発音、読み方
日本語医学脊髄神経節せきずいしんけいせつ
脊髄後根神経節せきずいこうこんしんけいせつ
後根神経節こうこんしんけいせつ
英語spinal ganglion *,**イナル・ングリオン
dorsal root ganglion *,***ーサル・ート・ングリオン
ラテン語ganglion spinalisガングリオン・スピナリス
ganglion sensorium nervi spinalisガングリオン・センソリウム・ネルウィ・スピナリス
* ganglion の複数形は ganglia (ガングリア)
** 脊髄神経節に相当する英語
* (脊髄)後根神経節に相当する英語

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 脊髄神経 | 神経節

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。