腕橈骨筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 腕橈骨筋とは、または腕𣓤骨筋とは、前腕のひとつで、前腕の橈側(親指の側)にあり、その働きは肘関節を曲げる屈筋。前腕の前面の筋(おもに屈筋)と後面の筋(主に伸筋)の間にある「前腕の橈側の筋」にグループ分けされる。

言語表記発音、読み方
日本語医学腕橈骨筋、腕𣓤骨筋 *わんとうこつきん
英語brachioradialis (muscle)レイキオ-レイディエィリス(・ッスル)
brachioradial muscleレイキオ-レイディアル・ッスル
ラテン語musculus brachioradialis,
m. brachioradialis
ムスクルス・ブラキオラディアリス
* 𣓤 (「木」へんに「焼」のつくり)は、 異体字(略字)。JIS第4水準の漢字で、 Mac、Windowsなどでは表示可能だが、スマートフォンなどでは表示されない場合がある。異体字の項目を参照

 起始は、上腕骨の下部、外側上顆の上に続く外側顆上稜で、停止橈骨茎状突起神経支配橈骨神経支配。腕橈骨筋の働きは屈曲なのに、橈骨神経は上腕前腕の後面にある伸筋を支配する神経なのが気をつけるところ。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | | 上肢帯 | 胸部 | 上肢 | 前腕

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。