腹膜後隙

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

この項目は後腹膜後腹膜腔で参照されています

 腹膜後隙とは、または後腹膜腔とは、おなかのなか(腹腔内)で腹膜よりも後ろ、つまり背中側(背側)にあるすきまのこと。腹腔の背中側の壁(後腹壁)に接する場所で、ここには、後腹膜器官と呼ばれる臓器腎臓膵臓十二指腸上行結腸下行結腸など)があり、それを囲む結合組織脂肪組織などで満たされる。

言語表記発音、読み方
日本語医学腹膜後隙ふくまくこうげき
後腹膜こうふくまく
腹膜後腔ふくまくこうくう
英語retroperitoneal spaceレトゥロ-ぺリトゥニーアル・スイス
ラテン語spatium retroperitonealeスパティウム・レトゥロ-ぺリトネアーレ
* peritoneum は腹膜、retro- はこの場合は「~の後ろ」の意味

カテゴリー: 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。