虹彩上皮

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 虹彩上皮とは、虹彩のうち、眼球の内側に面した表面を覆う上皮のことで、この場所のメラニン色素の量によってほぼ眼の色が決まる。メラニン色素が多いと、目が茶色になり、少ないと灰色、青になる。網膜虹彩部ともいう。

言語表記発音、読み方
日本語医学虹彩上皮こうさいじょうひ
英語iris epitheliumイリス・エピスィーリアム

 虹彩は、眼球の黒目のうち、中央部の瞳(瞳孔)を囲む周囲のドーナツ状の部分。虹彩の内部には瞳孔括約筋瞳孔散大筋があり、瞳孔の大きさが変わるのは虹彩の変化による。虹彩は、コラーゲン線維が豊富な虹彩支質と内側の表面の虹彩上皮からできている。

 虹彩上皮は、虹彩の内側の表面だけにあり、虹彩の外側に面する表面にはない。虹彩上皮は2層の細胞層で、この細胞にはメラニン色素が沈着していて、光を通さないので、眼球内に入る光をさえぎる働きがある(黒目のうち、虹彩のない中央部の瞳孔のところだけが光を通す)。

カテゴリー: 感覚器 | | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。