骨格

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

骸骨でこの項目を参照しています

 骨格とは、でできている枠組みの構造のこと。体の骨全体も、ひとつの骨格だし、たとえば頭部胸部など、体のどこか一部だけを取り出せば、その部分ごとの骨格を考えることができる。

言語表記発音、読み方
日本語医学骨格こっかく
一般骸骨*がいこつ
英語skeleton**ルトン
* 体全体の骨格を指す。骨格だけになった死体(白骨死体)を指すことも 
** skeleton は、俗に、表面を覆う材質が透明~半透明で、内部の骨組みなどが透けてみえる構造のことも指す

 たいていの場合、いくつかの関節を介して連結され、靱帯などでつながれているものを全体として骨格と呼ぶ。何かを支えたり、囲んで守ったり、といったまとまった機能をになう。

 それが骨でできていなくとも、何かを支える機能をもっている構造のことを、骨格と呼ぶ場合もある(下の「骨でできていない骨格」の節を参照)。

 体の一部だけを取り出せば、たとえば、を考えると、多くの手の骨(手根骨中手骨指骨など)が関節を介して連結している全体が、「手の骨格」をつくっている。同様に、「上肢の骨格」、「下肢の骨格」なども考えることができる。そのほか、特徴的な骨格には下記のようなものもある。

骨でできていない骨格

カテゴリー: 骨格系 | 運動器系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。