『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 とは、口の中(口腔)の下側(口腔底)にある、主に横紋筋でできた突起の器官。役割は、食べものを噛んだり(咀嚼)、口からのど(咽頭)に送ったりするときの補助や、言葉をしゃべるときにいろいろな音を出す(構音)ことなどいろいろ。また、舌の表面には味を感じる感覚装置(味蕾)もあるので、感覚器でもある。

言語表記発音、読み方
日本語医学ぜつ、した*
英語tongueング
ラテン語linguaリングア
ギリシャ語grossaグロッサ
* 解剖学では「ぜつ」と読むことが多い

 舌の筋は随意筋なので、意識的に動かせる。舌の筋をまとめて舌筋という。舌筋は、2通りに分けることができる。舌骨下顎骨などと舌をつなぎ、舌の位置を変える筋(外舌筋)と、舌の内部だけで走り、舌の形を変えるのに働く筋(内舌筋)。これらの筋は、脳神経のひとつである舌下神経(第XII脳神経)によって支配されている。

 表面は、口腔の上皮と同じ重層扁平上皮でおおわれているが、舌の上面(舌背)を中心に、舌乳頭という細かな凹凸が発達し、一部の舌乳頭には味覚を感じとる味蕾(みらい)という装置がついている。感覚器でもある。

カテゴリー: 消化器系 | 感覚器 | 体の部位 | | 器官 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。