胸大動脈

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 胸大動脈とは、大動脈の一部の名前で、胸部を下向きに進む部分のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学胸大動脈きょうだいどうみゃく
英語thoracic aortaスィック・エィウタ
ラテン語aorta thoracicaアオルタ・ソラキカ

 大動脈は体に1本しかない。「大動脈」がつく名前(上行大動脈大動脈弓下行大動脈、胸大動脈、腹大動脈など)は大動脈の途中の一部を指す呼び名である。

 大動脈心臓左心室を上向きに出て、大動脈弓でUターンしたあと、下向きに進む(=下行大動脈)。下行大動脈は、前半は胸腔を通り、横隔膜を貫通したあと後半は腹腔に入り、最後は腹腔内で左右の総腸骨動脈に分かれて終わる。下行大動脈のうち、胸部を下向きに進む、横隔膜よりも上の部分が胸大動脈である。

 胸大動脈は胸腔の中では左右のに挟まれた縦隔のうち、心臓よりも背中側の縦隔後部(後縦隔)を通る。縦隔の左側、背中側の壁に接している。横隔膜を越えるときに通る穴は大動脈裂孔で、これは横隔膜の正中にあるので、横隔膜に近づくにつれて中央に寄ってくる。胸大動脈の前には食道が通る。

 胸大動脈から分かれる枝には、

  • 肋間動脈、数対
  • 食道動脈、数本
  • 気管支動脈、1本

などがある。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 胸部 | 血管 | 動脈

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。