手掌

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

手のひらでこの項目を参照しています

 手掌とは、手のひらのこと。のうち、手首手指)を除いた部分で、手を握ったときに内側になる側のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学手掌しゅしょう
一般掌、手のひらてのひら
英語palmーム
ラテン語palma (manus)パルマ(・マヌス)

 手を握ったときの外側になる部分(手の甲)は手背(しゅはい)という。

- 「掌」の字だけで「てのひら」の意味があるし、「てのひら」と読むので、「手」掌と「手」をつける必要はないと思うのだがなぜかそういう習慣になっている。手の甲のことを手背とよぶので、それとのバランスのためか?

 手掌の内部にある骨は、一般には「手の甲の骨」といわれることが多い中手骨である。中手骨は片手に5本あり、手首側では手根骨と関節をつくり、指の側ではそれぞれの指の骨(指節骨)のうちの基節骨と関節をつくる。

 手掌には、母指(親指)の根元付近と小指の根元付近とに2箇所の盛り上がりがある。それぞれ、母指球小指球という。母指や小指を動かすが集まっているところ。

カテゴリー: 体の部位 | | 上肢

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。