遠位指節間関節

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

DIP関節でこの項目を参照しています

 遠位指節間関節とは、指の途中の関節(=指節間関節、IP関節)のうち、指の先端に近いほう(=遠位)の関節のこと。一般的な言い方では、「指の第1関節」に相当する。指の根元に近いほうの関節は、近位指節間関節という。

用語表記発音、読み方
日本語医学遠位指節間関節えんいしせつかんかんせつ
DIP関節*ディー・アイ・ピーかんせつ
一般指の第1関節ゆびのだい1かんせつ
英語distal interphalangeal joint**ディスタル・インターファンジアル・ジョイント
DIP joint*ディー・アイ・ピー・ジョイント
* 遠位指節間関節の英語名、distal interphalangeal joint インターファンジアル(インターフェイランーアル) ジョイントから
**  "distal" は、「遠位の」、"inter-" は、「~の間」、"phalangeal" は「指節の」、「指節骨の」

 指節間関節は、指の指節骨どうしをつなぐ関節で、そのうち遠位指節間関節は、中節骨末節骨をつなぐ関節である。一方、手足の親指(=母指)では、途中の関節は1つしかなく、親指の基節骨と末節骨とをつなぐ関節は、単に「指節間関節」と呼ぶため、親指には遠位指節間関節はない。

 手の遠位指節間関節だけをさすときには、「手の」をつければよい。足の場合には、「足の」をつけたり、「遠位趾節間関節」を使う。どれかの指の遠位指節間関節だけをさすときは(たとえば、人差し指の遠位指節間関節なら)「示指(の)遠位指節間関節」、「第2(指)遠位指節間関節」のように書く。

カテゴリー: 運動器系 | | | | 上肢 | 下肢 | 関節 | 骨格系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。