中節骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 中節骨とは、にある指節骨のうちのひとつで、指の途中の2コの関節の間の部分(=中節)の中にある。指の先端側では末節骨関節をつくり、根元側では基節骨と関節をつくっている。長骨である。親指にはない。

言語表記発音、読み方
日本語医学中節骨ちゅうせつこつ
中指節骨ちゅうしせつこつ
英語単数middle phalanxドル・ファンクス(フェイランクス)
複数middle phalangesドル・ファンジーズ
ラテン語単数phalanx mediaプファランクス・メディア
複数phalanges mediaeプファランゲス・メディアエ
- 中節骨は、手の指にも足の指にも使えることば。手か足のどちらかだけを指すときには、「手の」中節骨、「足の」中節骨といえばよい
- 英語・ラテン語の名前も手と足の両方に使える。手や足だけを特定するときには、英語では、"~ of hand" "~ of foot"を、ラテン語では、"~ manus" "~ pedis" をつければよい
- 中節の英語・ラテン語も同じ

 手でも足でも、親指(母指)以外の指には関節が2つずつあり、3つの指節基節中節末節)に分けられている。指節に入っている骨を指節骨(基節骨、中節骨、末節骨)という。一方、手足の親指には、指の途中に関節がひとつしかなく、2つある指節は末節と基節と名づけられているので、親指には中節と中節骨がない。中節骨は、片手に4個、片足に4個あるので、体全体では、16個の中節骨がある。

 それぞれの指の中節骨を区別するときには、指の番号を使うので、「第1中節骨」というのは、親指に中節骨がないため存在しない。

- 中節骨のことを、「第2指節骨」という言い方もある(下の「番号を使う別名」)が、指の番号をつけるときに混乱しやすいのであまりおすすめではない

中節骨のつくる関節

 指の根元側の基節骨との間の関節を、近位指節間関節(PIP関節)、先端側の末節骨との間の関節を、遠位指節間関節(DIP関節)という(あわせて、指節間関節、IP関節)。

番号を使う別名

 指節骨を、指の根元から順に第1、第2、第3という番号で呼ぶこともある。この呼び方では、中節骨は第2指節骨になる。

言語表記発音、読み方
日本語医学第2指節骨、第二指節骨だい2しせつこつ
英語second phalanx, phalanx IIカンド・ファンクス(フェイランクス)
ラテン語phalanx secunda, phalanx IIプファランクス・セクンダ

 ひとさし指の中節骨のことを、第2中節骨という呼び方をすることがあるので、そのときにこの呼び方では指節の番号と指の番号が紛らわしいことがある。

カテゴリー: 運動器系 | | | | 上肢 | 下肢 | | 骨格系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。