浅会陰横筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 浅会陰横筋(せんえいんおうきん)とは、骨盤底のひとつで肛門やその前方にある(や陰嚢)の位置を固定し、支える働きのある筋。この場所(会陰)を左右に横走している。会陰とは、骨盤底で肛門と膣(や陰嚢)の間の部分のことで、ここにある筋をまとめて会陰筋と呼ぶ。浅会陰横筋は、会陰筋のうちもっとも浅層(皮膚に近い)にある筋。

 浅会陰横筋の起始は左右の坐骨結節で、そこから内方に向かって走行し、会陰の正中にある会陰腱中心停止する。

 浅会陰横筋よりも深部には、深会陰横筋があるが、深会陰横筋は他のとあわさって尿生殖隔膜をつくり、骨盤底を支える筋の壁をつくる。更に深層には骨盤隔膜がある。

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。