尿生殖隔膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 尿生殖隔膜とは、骨盤底骨盤下口)の前方の半分をふさいでいる、いくつかのが作っている筋層のこと。尿道(女性の場合)がこの筋層を貫通するので、「尿」+「生殖」隔膜という名前がついている。尿生殖隔膜をつくる筋は、主として深会陰横筋や、中央部では尿道括約筋である。

言語表記発音、読み方
日本語医学尿生殖隔膜にょうせいしょくかくまく
英語urogenital diaphragm*ユーロジェニタル・イアフラム
ラテン語diaphragma urogenitaleディアフラグマ・ウロゲニターレ
* diaphragm ダイアフラム は、「仕切りを作っている膜」=隔膜の意味(diaphragm だけで横隔膜の意味にもなる)

 骨盤腔の横の壁は寛骨仙骨)でできているが、下側は大きな穴(骨盤底または骨盤下口)になっていて、主に筋肉でできた壁でふさがれている。尿生殖隔膜も骨盤底をふさいでいる筋層のひとつ。骨盤隔膜は、骨盤底の全体をふさいでいるが、尿生殖隔膜は、骨盤隔膜よりも表面に近い側にあって、前の方だけにあり、そこを貫通する尿道を支えている。直腸(と肛門)はもっと後部にあるので、骨盤隔膜は貫通するが、尿生殖隔膜を通らない。

 尿生殖隔膜よりもさらに浅層に、浅会陰横筋坐骨海綿体筋球海綿体筋などのがあるが、これらは尿生殖隔膜には含まれない。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | | 骨盤 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。