第11脳神経

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

もっと詳しい説明が、副神経の項目にあります

 第11脳神経第XI脳神経)とは、副神経のこと。を動かす運動性神経線維だけから構成される脳神経。2つの部分、内枝外枝に大きく分けて考えることができる。内枝はのど、特に喉頭の筋を支配し、外枝は僧帽筋胸鎖乳突筋を支配する。内枝は延髄から、外枝は脊髄から起こる。

言語表記発音、読み方
日本語医学副神経*ふくしんけい
第11脳神経、第XI脳神経だい11のうしんけい
略語CN XIスィ―・エヌ・イレヴン
英語accessory nerveアクサリー・ーヴ
eleventh cranial nerve,
cranial nerve XI
ヴンス・クイニアル・ーヴ
ラテン語nervus accessoriusネルウス・アクケソリウス

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 脳神経 | 頭頚部 | 番号付

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。