精嚢

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 精嚢とは、精液の成分を分泌する男性生殖器系に含まれる器官前立腺の近くに1対ある。精液は精嚢液前立腺液が混合されてできる。

言語表記発音、読み方
日本語医学精嚢、精囊 *せいのう
医学以外精嚢腺せいのうせん
英語seminal vesicleミナル・ヴェシクル
seminal glandミナル・グンド
ラテン語glandula vesiculosaグランドゥラ・ウェスィクローサ
*  は、 の本来の異体字で、JIS第3水準なので、古いコンピュータのシステムでは表示されないことがある

 精嚢は、長さ数cmで細長い唐辛子型をした袋状の器官。精嚢の壁の内側からは精嚢液分泌され、袋の中に貯える。精嚢の袋の端は前立腺のすぐ後ろで精管と合流して前立腺内に入って射精管となる。射精のときに精嚢液が射精管へと放出されると、精管からきた精子と混合される。

カテゴリー: 生殖器系 | 男性生殖器系 | 器官 | 腹部

 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。