精管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

輸精管でこの項目を参照しています

 精管とは、男性生殖器系器官で、[[精巣](睾丸)でつくられた精子尿道まで運ぶ細い

言語表記発音、読み方
日本語医学精管せいかん
輸精管*ゆせいかん
英語・ラテン語ductus deferens**(英語読み)クタス・ディフェレンス
(ラテン語読み)ドゥクトゥス・デフェレンス
vas deferens**(英語読み)ヴァス・ディフェレンス
(ラテン語読み)ウァス・デフェレンス
英語seminal ductミナル・クト
deferent ductディフェレント・クト
deferent canalディフェレント・キャ
* あまり使わない
** ductus も vas も、どちらも管の意味

 直径数 mmで長さは30 cmほど。管の壁の平滑筋層がよく発達していて、射精の前にはこれが順に収縮して蠕動運動をして精子を送り出す。

 正確には、精管は精巣のとなりの精巣上体の端(精巣上体尾部)からはじまる。精巣上体尾部には、精巣でつくられた精子がためられている。精管の反対側は膀胱前立腺の後ろ側(背側)で精嚢と合流し、前立腺の中に入る。前立腺内に入ると名前が射精管となり、最後は前立腺の中心を通る尿道につながる。精嚢と前立腺が精液の成分を分泌する。

 精管ははじめは陰嚢内をはしり、最後は骨盤内で終わる。お腹の中に入っていくのは、鼠径部ふとももの付け根の前面)の鼠径管

カテゴリー: 生殖器系 | 男性生殖器系 | 器官 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。