マクロファージ

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

大食細胞組織球でこの項目を参照しています

関連する内容が単球の項目にあります

 マクロファージとは、体中の組織にいて、異物を「食べる」細胞。「食べる」とは、接触した異物を包みこんで細胞内に取り込んで消化、処理すること。この作用をどん食作用ファゴサイトーシス)という。また、自分が食べたものの抗原提示(異物を消化してできた蛋白質の断片を自分の細胞膜上に張り付けてT細胞に攻撃対象を伝える)もおこなう。免疫系の重要な役割をになう細胞。マクロファージを直訳して、大食細胞とも呼ばれる。略語はMφ。M は macro の頭文字、φ(ファイ)はファージの略語。

言語表記発音、読み方
日本語医学マクロファージ
大食細胞 *たいしょくさいぼう
組織球 **そしききゅう
英語macrophageクロフェイジ
histiocyte **スティオサイト
略語( - )***
* 大食細胞は、macrophage の訳
** 組織球は、histiocyteの訳で、マクロファージが血液中にいる時の名前、単球に対応した呼び方
*** 「Mφ」は書くときだけで、これを読むときは「マクロファージ」と発音する

マクロファージの分布

 マクロファージは、おもに組織内にとどまっている時の名前。組織球ともいう。アメーバのように移動することもできる細胞で、血液の流れにのって、血球(血液細胞)として移動するときの名前は、単球(モノサイト)。組織で炎症がおこると集まってくる。

 マクロファージがたくさんいる臓器には、脾臓リンパ節胸腺などのリンパ系器官などがある。とくに脾臓では古い赤血球が処理されるとき、マクロファージに食べられる。肺では空気中のゴミなどを食べて処理する。その他、肝臓類洞内にいるマクロファージはクッパー細胞と呼ばれる。

 脊髄などの中枢神経系の中だけにいるマクロファージに近い細胞は、小グリア細胞(ミクログリア)。

カテゴリー: 結合組織 | リンパ系 | 細胞

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。