脳神経核

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 脳神経核とは、「脳神経に関係する神経核」の意味で、神経核ニューロン細胞体が集まった場所)のうち、脳神経(から出入りする神経)と直接つながっているもののこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学脳神経核のうしんけいかく
英語cranial nerve nucleus (nuclei) *イニアル・ーヴ・ニュークリアス (ニュークリアイ) *
nucleus (nuclei) of cranial nerve *ニュークリアス (ニュークリアイ)・オブ・クイニアル・ーヴ *
ラテン語nucleus nervi cranialisヌクレウス・ネルウィ・クラニアリス
* ( ) 内が複数形。脳神経核全体をまとめて複数形を使うことが多い

 神経核とは、の中でニューロン細胞体が集まった場所で、灰白質の一種。神経核には同じ働きをするニューロンが集まっている。脳神経とは、脳から出入りする末梢神経のことで、脳に感覚を伝える神経や、運動の司令を頭部頚部に伝えるニューロンが通る。脳神経核とは、脳神経とつながっている神経核である。脳神経を分類すると、

  • 脳神経から感覚の情報を受け取って、脳のほかの場所へと中継するニューロンのある神経核(終止核という)
  • 頭部や頚部の筋の運動を支配する運動ニューロンの細胞体がある場所(起始核という)
  • 自律神経節前ニューロンの細胞体が集まった、自律神経の起点となる場所(こちらも起始核)

 脳神経は12対あるが、脳神経核は1つの脳神経について2対以上あることもあるので、脳神経核の数は脳神経の数よりも多い。

脳神経核の一覧

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 神経核 | | 脳幹 | 脳神経

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。