灰白質

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 灰白質とは、脊髄などの中枢神経系組織のうち、神経細胞細胞体がたくさん集まっている場所のこと。神経細胞体のない場所は、白質という。脳や脊髄では、神経細胞はどこにでもあるわけではなく、決まった場所に集まっている(→ 灰白質)。それ以外の場所には、神経細胞から伸びる神経線維がたばになって通っている(→ 白質)。中枢神経系の神経組織は、このどちらかのパターンでできている。

言語表記発音、読み方
日本語医学灰白質かいはくしつ
英語gray matter
grey matter
イ・ター
gray substance
grey substance
イ・ブスタンス
ラテン語substantia griseaスブスタンティア・グリセア

 脳を切断して断面を見ると、光を反射して白く明るくみえる部分と、比較的暗く、灰色に見える部分とがある。この見た目の色の違いが灰白質、白質の名前の由来。灰色に見える部分を拡大すると、神経細胞体が集まっていることがわかった。

※ 実は、神経細胞体が灰色だというよりも、白質に多くみられる有髄神経線維ミエリン鞘が白く明るい色をしているのが色の違いの原因。灰白質では、有髄神経線維が白質よりも少ないため、相対的に灰色に見える
※ ちなみに、名探偵エルキュール・ポアロ(アガサ・クリスティー作の推理小説の主人公)がよく使うセリフ「私の灰色の脳細胞が活動をはじめた」で、「灰色の脳細胞」というのは、「灰色の脳細胞」 = 「脳の灰白質にある細胞」 = 「神経細胞」、つまり神経細胞のことをちょいとしゃれて言っているわけである

灰白質がある場所

 中枢神経系の中では、灰白質は、大脳小脳の表面(皮質)にうすく広がっていて、大脳皮質小脳皮質と呼ばれている場所がそうである。また、組織の内部にも、灰白質のかたまりがあちこちに散在している。これらの島状にあるいは塊状に点在する灰白質を神経核と呼ぶ。神経核には、みなそれぞれ名前がついている。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 神経組織

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。