腸骨稜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 腸骨稜とは、骨盤をつくっている骨の部位の名前。骨盤をつくっている腸骨の上縁が上向きに弧を描いている縁の部分。骨盤のもっとも上の部分で、体表からも触ることができる。

言語表記発音、読み方
日本語医学腸骨稜ちょうこつりょう
英語iliac crestリアック・クスト
ラテン語crista iliacaクリスタ・イリアーカ

 骨盤仙骨の両側に左右の寛骨がついてできている。寛骨は腸骨坐骨恥骨が融合しているが、腸骨は骨盤の上半分のすべてをつくっている骨。

 の横に手を当てたとき、触ることができるの部分が腸骨稜で、腸骨稜の前端で角を作っているのが上前腸骨棘、後端は上後腸骨棘。上前腸骨棘と上後腸骨棘の間が腸骨稜。

 腸骨稜は、腹筋腹壁)の付く場所。特に内腹斜筋はおもに腸骨稜と上前腸骨棘から起こる。他にも、外腹斜筋の一部は腸骨稜に終わり、腹横筋の一部が腸骨稜から起こる。

腰骨でこの項目を参照しています

 腸骨とは、恥骨坐骨と融合して寛骨骨盤の骨)をつくっているで、寛骨の中の上半分を構成している。平べったい扁平骨である。腸骨の上縁は体表(体の表面)からさわることができる。ベルトの高さで体の左右にある部分。これを日常生活では腰の骨、腰骨などと呼ぶこともある。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 骨盤 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。