腸骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

腰骨でこの項目を参照しています

 腸骨とは、恥骨坐骨と融合して寛骨骨盤の骨)をつくっているで、寛骨の中の上半分を構成している。平べったい扁平骨である。腸骨の上縁は体表(体の表面)からさわることができる。ベルトの高さで体の左右にある部分。これを日常生活では腰の骨、腰骨などと呼ぶこともある。

言語表記発音、読み方
日本語医学腸骨ちょうこつ
一般腰骨こしぼね
腰の骨こしのほね
英語医学iliac boneリアック・ウン
一般flank bone*ンク・ウン
英語・ラテン語ilium(英語読み)リアム
(ラテン語読み)イリウム
ラテン語os iliumオス・イリウム
* flank は横腹の意味

 腸骨の主な働きは、背骨から骨盤にかかる上半身の体重をささえ、大腿骨に伝えること、腹部内臓腹腔内臓器)を周囲から支えること、いくつかのが始まる場所となっていることなど。腸骨からはじまる筋には、腸骨筋(太もも(大腿)を前方にもち上げる筋=股関節屈曲させる筋)、腸肋筋脊柱をささえる脊柱起立筋(固有背筋)のうち、外側のもの)などがある。

 体表から腸骨をさわれる部分は、ベルトの高さにあり、体の左右の前部から後部にかけて、ゆるい弧を描いた線としてたどれる。この部分は、腸骨の上端(つまり骨盤の上端でもある)の腸骨稜という部分。その腸骨稜の前端に特に飛び出した箇所が上前腸骨棘

 はじめは独立した骨で、軟骨によって恥骨坐骨と結合しているが、年齢と共に軟骨の骨化がすすみ、ひとつの寛骨になる。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 骨盤 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。