網様体

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

脳幹網様体でこの項目を参照しています

 網様体とは、または脳幹網様体とは、脳幹中脳延髄)の内部にある構造で、神経細胞体神経線維がゆるいネットワークを作っている構造。

言語表記発音、読み方
日本語医学脳幹網様体のうかんもうようたい
網様体もうようたい
英語reticular formation (of the brain stem)*ティキュラー・フォーイション(・オブ・ザ・ブイン・スム)
ラテン語formatio reticularisフォルマティオ・レティキュラリス
* of the brain stem は、「脳幹の~」の意味で、脳幹網様体に対応

 神経核のように神経細胞体が密集したかたまり状にはなっているわけではなく、白質のなかに、神経細胞体が散在していて、そこからのびる神経線維が非常に広い範囲にひろがっているエリア全体を指しているという感じで、基本的には灰白質ではなく白質である。

 脳幹の中心部に近いところ、あるいはやや背側よりにあり、前端は中脳から間脳にまで、後端は延髄よりさらに脊髄までのびている。全体として1つづきの構造のようにもみえるが、場所によってグループ分けされていて、それぞれ別々の機能に関係している。

 眼球にある毛様体とは全く別物。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 脳幹 | | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。