単層立方上皮

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 単層立方上皮とは、上皮細胞の形と積み重なりで分類したうちのひとつ。上皮とは、体内での境界面をつくっている細胞層のこと。単層立方上皮とは、立方形(背が高くもなく、平べったくもない、縦横のサイズが同程度のこと)をした細胞が、1層に並んでできる(=単層)上皮で、単層上皮のひとつ。

言語表記発音、読み方
日本語医学単層立方上皮たんそうりっぽうじょうひ
英語simple cuboidal epithelium *スィンプル・キュイダル・エピスィーリアム
* cuboidal は、cube(立方体)+ 〜oid(っぽい)の形容詞形

 単層立方上皮では、その上皮の両側にある物質をエネルギーを使って積極的に入れ替える働きが発達していることが多い。細胞が1層なので。物質が比較的通過しやすく、また細胞質の量が多く細胞小器官が発達していて、この細胞の機能を使って物質を輸送するシステムが発達する。たとえば、唾液腺腎臓では、管の内側を流れる液体から、水や塩分などを再吸収する。

単層立方上皮がみられる場所

カテゴリー: 上皮組織 | 組織分類

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。