喉仏

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

この構造は、解剖学的には軸椎(第2頚椎)または喉頭隆起に相当します

 喉仏とは、または、のどぼとけとは、人体ののどのところにある、仏像のようなかたちのの意味。俗称で、解剖学用語ではない。解剖学的にみると、喉仏は1つの構造ではない。くび(=頚部)にある2つの別々の構造がセットになって、「喉仏」という概念が成り立っている。

お骨(こつ)の喉仏
亡くなった人を火葬した後、お骨を拾うときに、首だったあたりに見つかる、座った仏像のような形のを喉仏と呼ぶ。 ~~ → 椎骨軸椎(=第2頚椎)のこと
生きている人の喉仏
くび(頚部)の前面に見える、出っ張っている部分のことを喉仏と呼ぶ。~~ → 甲状軟骨によるふくらみ(=喉頭隆起

 命名の由来は、お骨の喉仏が最初で、のどの出っ張りが後。まず、お骨を拾うときに、仏様の形をしたが、くびのあたりにあるので、喉仏と呼んだ。生きている人を見ると、くびに出っ張っている骨(実は、骨ではなく軟骨)があることから、間違ってこの軟骨を喉仏の骨だろうと思い込んでしまった。実は別のもの。

言語表記発音、読み方
日本語一般喉仏、のど仏のどぼとけ
- 日本独自の概念なので、英語はないが、直訳すると the throat Buddha ザ・スート・ーダ。生きているの人の喉仏の英語は、このページの最後を参照

お骨にある喉仏

 火葬の後に、お骨を拾うとき、くびのあたりに独特な形をした骨があることは古くから意識されてきた。この骨を、仏が座禅を組む坐像や合掌する姿になぞらえて、喉仏と呼ぶようになった。

 この喉仏は、頚椎軸椎第2頚椎)、つまり背骨の上から2番目の骨である。

言語表記発音、読み方
日本語医学軸椎じくつい
第2頚椎第2頸椎だい2けいつい
一般喉仏、のど仏のどぼとけ
略語C2CII*スィ―・2
英語・ラテン語axisクスィス
ラテン語(ギリシャ語由来)epistropheus(ラテン語読み)エピストロフェウス
(英語読み)エピストローフィアス
英語second cervical vertebra,
cervical vertebra 2
カンド・ーヴィカル・ヴァーテブラ
ラテン語vertebra cervicalis secundus,
vertebra cervicalis II
ウェルテブラ・ケルウィカリス・セクンドゥス
* C2という略し方は、第2頚神経も同じ。どちらを指しているか、区別に注意

 亡くなった人が成仏するのを祈って、喉仏を特別な骨として扱う習慣がよくある。喉仏はお骨を拾うときに、最後に拾ったり、亡くなった人にもっとも近い人が拾ったり、喉仏だけ特別の入れ物に納めたり、などである。

首の前面の出っ張りの喉仏

 こちらは、のど(喉頭)を囲んでいる軟骨のうちの甲状軟骨が出っ張っているもの。解剖学的には、喉頭隆起という。

言語表記発音、読み方
日本語医学喉頭隆起こうとうりゅうき
一般喉仏、のど仏のどぼとけ
英語laryngeal prominenceンジャル・プミネンス
ラテン語prominentia laryngeaプロミネンティア・ラリュンゲア
英語一般Adam's apple*ダムズ・ポゥ
* 日本語に訳すと、「アダムのりんご」

 亡くなった人を火葬すると、軟骨軟部組織は、失われてしまうが、などは残りやすい。骨などには、カルシウムなどの無機質が多く含まれているためである。甲状軟骨は、火葬すると燃えてなくなってしまう。また、甲状軟骨は、仏像の形をしているわけではない。

 「アダムのりんご」の言い方は、(キリスト教の旧約聖書で)アダムとイブが楽園を追い出される原因となったりんごが、アダムののどに引っかかっているため、とする俗称。喉頭隆起が男性で特に発達していることから。

カテゴリー: 体の部位 | 頭頚部 | 骨格系 | 軟骨 | 喉頭 | | 運動器系 | 呼吸器系 | 解剖学用語でない

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。